Webマーケティング

Webマーケティングとは何ですか?
なぜWebマーケティングなのか?
という疑問に簡単にお答えします。
会社やショップの情報を発信する媒体としてのWebサイトですが、ビジネスサイトを作る場合は「売上を伸ばすためにWebサイトを作る」と考えている方がほとんどです。しかし、Webサイトを作っただけでは無人島に店を出したのと同じような状態です。そのため、Webサイトを作る前も作った後もWebマーケティングが必要になってきます。

numberWebマーケティングとは

Webマーケティングは、「Web」+「マーケティング」で、文字通り「Web」を使った「マーケティング」のことをいいます。

マーケティングの内容はというと下図のような内容になります。従来からあるアナログなマーケティング手法に対して、デジタルデバイスやデジタルデータを用いたデジタルマーケティングがあり、その中にWebマーケティングがあります。

抽象的でイメージのわかない言葉や聞いたことはあるけれどよくわからない言葉ばかりではないでしょうか。

マーケティングとは

はじめに、そもそも「マーケティングとはなにか・・・?」という話になります。

「マーケティング」に定型的な定義はなく、様々な方がマーケティングとはこういうものであるといっています。

それらの定義は抽象的な表現や難しい表現でああることが多いので、私なりの解釈でごく簡単に申し上げると「マーケティングとは、より売上をあげるためにおこなう施策」をいいます。

ただし、このマーケティングに「販売」という行為自体は含まないという点に留意していただきたいです。

売れるための仕組みを作ったりや売れるための商品・サービスの作り込みや売れるためにリサーチをとったりデータ分析に基づき戦略を練るのであって、決してマーケティングは「売り込み」ではないということです。

デジタルマーケティングの中のWebマーケティングをおこなう理由

このマーケティングをWebサイトを使っておこなうのがWebマーケティングです。

Web以外のデジタルデバイスやデジタルデータを使っておこなうマーケティングも含めてデジタルマーケティングといい、一般的には上図のような「 マーケティング > デジタルマーケティング > Webマーケティング 」というくくりになります。

デジタルマーケティングのくくりの中で青い背景部分はおこなわず、なぜ黄色い背景部分のWebマーケティングをおこなうのかという説明をします。

Webマーケティングをおこなう積極的な理由は次のみだし以降で述べますので、ここでは消極的な理由を話します。

デジタルマーケティングはビッグデータやフィンテックなどのような膨大なデータや情報技術に基づくマーケティングです。

当所のクライアントの事業内容がローカルビジネスや小規模事業であるため取り扱うデータの規模や対象が広くマーケティングをおこなうには活用が難しい内容となります。

そのため、当所では自分たちで導入し効果測定をおこなうことができるWebマーケティングをおこなっています。

numberWebマーケティングの重要性

なぜ今Webマーケティングが重要なのか?

かつてはテレビCMや新聞の紙面広告など多大な広告宣伝費をかけ、さらには飛び込み営業やダイレクトコールなどの営業コストを使って販売につながるよう活動をおこなっていました。

しかし、テレビの視聴時間は低下し、新聞をはじめ各種紙媒体は衰退し、それらに物量を投じれば効果があるという状況でもなくなってきました。

その裏で、デジタルデバイス(スマホ、パソコン、タブレットなど)とインターネットが普及し、テレビや紙媒体に取って代わる媒体となりました。

今日、普段の生活でWebサイトやWebサービスを利用しない日はないといってもよいぐらいの状況になりました。

理由1Webを利用するユーザーが多く利用時間も長い

2台持ちがスタンダード

以下は、令和3年版の情報通信白書に掲載されている個人の端末の利用状況です。

「スマホ(89.4%)」と「タブレット or ノートPC or デスクトップPC(合計95.9%)」がそれぞれ100%弱という状況です。

このデータから典型的な使用状況としてというひとり2台の端末を利用していると推測できます。

通勤などの移動中はスマホで閲覧し、オフィスや自宅ではパソコンやタブレットで閲覧するというケースが多いのではないでしょうか。

そのため、Webサイトはマルチデバイスに対応したレスポンシブデザインにしておくことが必須であることを裏付けるデータにもなっています。

年代別ネット利用時間

また令和2年の年代別の主なメディアの平均利用時間(平日・休日)を見てみると10代20代はテレビの視聴時間よりネットの利用時間の方が圧倒的に多いことがわかります。

30代と40代では平日はネット利用の方が多く休日はテレビの方が若干多いという状況です。

このデータからターゲットとなる顧客の年齢が低くなるほどネットに比重を置かなければいけないという事がわかります。

また、50歳未満がターゲットとなる事業ではネットが主流であることを裏付けるデータとなります。

理由2導入コストが低い

月に数千円からネット広告が出せる

先ほどの図表1-1-1-3で確認するとテレビは利用状況は50.8%で約半分の人しか利用していない状況です。

また若者はテレビを持たない・テレビを見ないといわれていますが図表1-1-1-5で実際に利用時間が少ないことも確認できました。

かつてのマーケティングにはメディア広告が広く用いられテレビCMや新聞などの紙面広告はその中心でした。これらは周知効果は高いものの不特定多数にリーチするため、ローカルビジネスやスモールビジネスをおこなう者にとってはターゲットを絞れていないうえにコストが高く無駄が多いものでした。

今日ではデバイスとインターネット環境があれば個人でもSNS、ブログ、YouTubeなどで自ら情報発信ができるようになりました。

またリスティング広告ではキーワードを選ぶことでニッチな客層やエリアを指定して広告を出すことができ効率的です。またリスティング広告は月額数千円程度からでも広告が出すことができます。

理由3自分でコントロール可能

自らが運営するWebサイトを使ってマーケティングをおこなうため、Webサイトに何を載せるか、Webサイトを使って何をおこなうか、すべて自らの裁量で決められます。

そのため、長期的な視野を持ってオウンドメディアを運営しコンテンツマーケティングをおこなうことや、繁忙期のみネット広告を使い販促活動を強化してWebマーケティングをアクティブに活用するなどシーズナリーなアクションも可能です。